おしゃれなウェアに身を包む

マタニティヨガが静かなブームです。
あなたのお近くにもマタニティヨガ教室はありませんか。主要都市である東京・大阪・名古屋・横浜・京都・札幌・福岡・仙台・川崎・仙台・千葉・埼玉あたりには必ずあるはずです。
「マタニティヨガ 教室」で検索をかけるとヒットすると思います。

また、マタニティヨガの動画dvdや本・書籍も売れ行き好調なんですよ。

スポーツクラブなどでは、「マタニティビクス」とか「ヨガマタニティ」と呼んでいるところもあるようです。妊婦さんの適度な運動は、安産のためには重要な事柄なので、ぜひ挑戦して見てください。

ただし、マタニティヨガは医師との相談の上、決して無理をしないように心掛けなくてはいけません。その点でも、専門のインストラクターのいるマタニティヨガ教室を探すことが必要です。

また、楽しくマタニティヨガを行うために、おしゃれなウェアに身を包むのもいいでしょう。ちょっとした気遣いで妊婦さん特有のストレスを軽減することが出来るのです。

「レッツ、マタニティヨガ」

マタニティヨガとは快適な妊娠生活を送るための妊婦のためのヨガです。妊婦に無理の無いヨガで、骨盤を広げ、出産に必要な筋力をつけるためのものです。

ヨガの呼吸法は、出産をスムーズにするとも言われています。ヨガはストレスの軽減にも役立つため胎児にも良いとされています。

マタニティヨガの呼吸(ブリージング)は腹式呼吸が基本で、呼吸に合わせ伸びる、捻る、反るなどのアサナ(ポーズ)をゆっくりと行います。自律神経への働きかけを通し、妊娠やお産に必要なホルモンの調節がスムーズに行えるようになります。

マタニティヨガは決して身体に無理なものではありません。しかし、日常生活では使わない筋力を使ったり、筋肉を伸ばしたりして、出産に耐えられる身体になる準備をします。

また呼吸法を通じて、精神的にも安定し、充実して女性としての出産本能を呼び覚ますこともできます。

マタニティヨガで最も人気があるのが、首回しのポーズです。あぐらをかきながら、自分の好きな方向へ首を廻します。
そして猫のポーズ。これは四つんばいになって、背中を丸めたり、そったりさせることによって背骨をやわらかくして姿勢を矯正します。
スクワッティングは足を開いてしゃがみこみますが骨盤が開き出産が楽になります。

マタニティヨガは、コツコツと続けることで快適な妊婦生活を得ることが出来るのです。「レッツ、マタニティヨガ」ですね(^^)。

ヨガ初心者でも簡単

マタニティヨガは、妊婦の為にアレンジされたヨガです。15週以上の正常な妊娠経過の万ならどなたでも簡単に行うことができます。
マタニティヨガをすることで、身体もリラックスして、精神的にもストレスが軽減するため、胎児にもとても良いとされています。

マタニティヨガは大きなお腹でも気持ちよくできるものばかりで、ヨガ初心者でも簡単に行えます。
マタニティヨガの呼吸法は複式呼吸が基本です。腹式呼吸を行うことで自律神経の働きが活発になります。それからヨガのポーズ(アサナ)や、イメージングなどの一連の動作を行います。

マタニティヨガでは、骨盤を開くためのエクササイズがあり、これが実際の出産に役立ちます。出産の時の産道を確保するために骨盤をしなやかにしておくことがとても大切なのです。
またヨガの呼吸法は出産の痛みを逃す呼吸にもとても役立ちます。安産のためにもマタニティヨガはオススメです。

それでは実際に呼吸法をやってみましょう。
まず心を安らかにして、あぐらをかきながらゆっくり息を吐きます。吐き出したらまたゆっくり息を吸います。これを10回くらい続けてください。そのあと、首回しのポーズをします。両手はつま先をつかみ、息を吸いながら好きな方向を向いてください。スクワッティングもゆっくりやってみてください。骨盤が開くので出産の時、少し楽になります。

妊婦さんの健康と安産の準備

ハリウッド・セレブたちの間でもブームのヨガ。ロハスな生活を目指す人たちの間でもとても人気のようです。

妊婦のためのヨガもあります。これがマタニティ・ヨガです。妊婦に無理の無いヨガで、骨盤を広げやすくしたり、出産に必要な筋力もつけることができます。

マタニティヨガは、妊婦に危険が無いよう、とても軽いポーズなどで構成されています。ヨガ初心者でも簡単に行えます。ヨガの呼吸法は出産の時の痛みをやわらげるのにも使えますし、開脚のポーズ(アサナ)などは、骨盤を広げ、産道を確保するためにも役立ちます。

妊婦さんの健康と安産準備のための運動がマタニティヨガです。ヨガを行うことで骨盤が矯正され、体が柔軟になるために、出産が楽になります。出産に必要な筋力も身につきます。
またヨガの呼吸法は複式呼吸であるために、出産の際に必要な呼吸法を身につけることにもなります。

まずは首回しのポーズです。あぐらをかいてすわり、足のつまさきを両手でつかみます。息を吸いながら好きな方向に首を廻します。反対方向にも首を廻します。これを10回程度繰り返します。

次にスクワッティングです。足を開いて大きくしゃがみこみます。股関節を柔らかくします。

最後に猫のポーズ。四つんばいになり、背中を丸めたり、そったりします。背骨をやわらかくして姿勢を矯正します。

どなたでも簡単に

マタニティ・ヨーガは体操、呼吸、リラックス、瞑想から成り立っています。

15週以上の正常な妊娠経過の万ならどなたでも簡単に行うことができます。出産に必要なポーズも取り入れられています。妊婦特有の肩こりや腰痛からもやわらげることができます。

マタニティヨガは、呼吸法、ストレッチ、イメージングを中心に行います。ストレッチングを主体とする体操は全身をバランスよく、ゆっくり動かすのが基本です。しゃがみのアサナ(開脚のポーズ)などは骨盤底を開大して、産道の出向部を広げます。イメージングは精神的なストレスから開放されます。

妊婦はただでさえ運動不足になりがちです。そのまま運動不足でいると、出産の際に必要な運動能力が欠けてしまうことが考えられます。そんな自体を回避するために、普段から身体を動かすことが大切です。マタニティヨガはエクササイズでもあるために身体をやわらかくするのと同時に必要な筋力もやしない、出産を楽にするのです。

マタニティヨガにもたくさんありますが、呼吸法と一番人気のある首回しのポーズを紹介します。
まずは肩の力を抜き背筋を伸ばします。そしてゆっくり息をはき、息を吐ききったら、ゆっくり息を吸い込みます。赤ちゃんに酸素を送るイメージをしてください。
首回しのポーズは、あぐらをかいて、背筋を伸ばしつま先を両手でつかみ首を好きな方向へ廻してください。姿勢が矯正され、とても楽になります。

人気の三つのポーズを紹介

女性たちの間でヨガがブームです。
マドンナやジュリア・ロバーツ、ジェニファー・ロペスなどもヨガを取りいれています。

妊婦の間でもヨガがとても注目されています。もちろん妊婦さん向けにアレンジされていて無理の無いヨガです。身体を柔軟にして、出産をスムーズにします。

マタニティヨガの基本は、呼吸法、ストレッチ、イメージングの3点です。呼吸(ブリージング)は腹式呼吸が基本です。呼吸に合わせ伸びる、捻る、反るなどのアサナ(ポーズ)をゆっくりと行います。マタニティヨガで学んだ呼吸法とリラックス法は、お産の時に役立ちます。

マタニティヨガは、ヨガを応用した妊婦のためエクササイズです。妊婦が快適な生活を送れるようになることを目的にしているのと同時に出産にも役立つようになっています。運動不足になりがちな妊婦でも運動能力を高め、出産のために必要な筋力をつけて安産するためのものです。

マタニティヨガで人気の三つのポーズを紹介します。一つ目は首回しのポーズ。あぐらをかいて、両手でつまさきをつかみ、息を吸いながら好きな方向を向いてください。これを10回程度繰り返します。次に猫のポーズ。四つんばいになり、背中を丸めたり、沿ったりしてみます。最後にスクワッティング、足を開いてしゃがみこみます。
ぜひ、おためしくださいね。