どなたでも簡単に

マタニティ・ヨーガは体操、呼吸、リラックス、瞑想から成り立っています。

15週以上の正常な妊娠経過の万ならどなたでも簡単に行うことができます。出産に必要なポーズも取り入れられています。妊婦特有の肩こりや腰痛からもやわらげることができます。

マタニティヨガは、呼吸法、ストレッチ、イメージングを中心に行います。ストレッチングを主体とする体操は全身をバランスよく、ゆっくり動かすのが基本です。しゃがみのアサナ(開脚のポーズ)などは骨盤底を開大して、産道の出向部を広げます。イメージングは精神的なストレスから開放されます。

妊婦はただでさえ運動不足になりがちです。そのまま運動不足でいると、出産の際に必要な運動能力が欠けてしまうことが考えられます。そんな自体を回避するために、普段から身体を動かすことが大切です。マタニティヨガはエクササイズでもあるために身体をやわらかくするのと同時に必要な筋力もやしない、出産を楽にするのです。

マタニティヨガにもたくさんありますが、呼吸法と一番人気のある首回しのポーズを紹介します。
まずは肩の力を抜き背筋を伸ばします。そしてゆっくり息をはき、息を吐ききったら、ゆっくり息を吸い込みます。赤ちゃんに酸素を送るイメージをしてください。
首回しのポーズは、あぐらをかいて、背筋を伸ばしつま先を両手でつかみ首を好きな方向へ廻してください。姿勢が矯正され、とても楽になります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3684889

この記事へのトラックバック